徳之島・ギニアの子供たちのために

徳之島に風力発電付オブジェを作り教育・観光資源にしたい

「徳之島」がはじめる新しい島おこし

子どもが輝く未来のために、風土を生かし

自然エネルギーを生み出します。

はじめまして。徳之島観光大使のオスマン・サンコンです。私の祖国ギニア共和国は徳洲会病院の医療支援のおかげで今も多くの命が救われています。徳洲会病院は『生命(いのち)だけは平等だ』を理念に掲げている病院で、全国から離島僻地、さらに国際協力にまで展開しています。そして、徳之島は徳洲会病院の創設者の徳田虎雄理事長の生まれ育った島です。そんなご縁で徳之島に表敬訪問したことが、私と徳之島の出会いです。

 

徳之島に着いた瞬間に気候・風土が母国ギニアにそっくりだと感じました。僕の兄弟は22人で家族や地域みんなで子どもを育てる習慣があります。徳之島も子宝の島です。地域のみんなで協力し合って子育てをすると聞きました。そんな思いから私の祖国ギニアと徳之島の子どもたちの交流ができることを願ってます。その活動資金を風力の売電で賄なうことができればと思いプロジェクトを立ち上げました。

 

このプロジェクトは、伊仙町とNPO法人ギニア友好協会と長岡造形大学と私が取締役会長を務める島興しの会社、奄美海援隊(株)が中心となっているプロジェクトです。多くの方々の協力を得てこのプロジェクトを達成したいと思っております。

 

続きはこちらから↓

https://readyfor.jp/projects/8802

 

伊仙町 大久保明町長とオスマン・サンコン

 

はじめまして、伊仙町町長の大久保明です。この提案をサンコンさんから投げかけて頂き、徳洲会病院の医院長をしていた私にとって大きな感激であり伊仙町としてもこのプロジェクトをバックアップしていきたいと考えております。